~ 7月、車内事故防止キャンペーン実施期間 ~

        バスの車内事故防止についてのお願い

○ 走行中には席を離れずに、急ブレーキにもご注意ください
   走行中に席を離れると、転倒などにより思わぬけがをする場合があります。お降りの際は、
   バスが停留所に着いて完全に止まってから席をお立ちください。 
   また、安全運転に徹しておりますが、やむを得ず急ブレーキを掛ける場合があります。満席 
   のため、 お立ちになってご利用いただく場合には、 つり革や握り棒にしっかりおつかまり下
   さい。

○ 車内事故に遭った方の過半数が65歳以上の高齢者
   高齢者は降車に時間がかかるため、周囲に迷惑をかけてはいけないと思い、 バス停に到着
   するよりも数秒早く立ち上がり、バランスを崩して倒れたり、手すりにぶつかったりするケース
   もあります。

○ 安心のシートベルト、安全のバス旅行(貸切バス)
   道路交通法の改正により、お客様もシートベルトの着用が義務です。バスガイドは業務上、席
   を立ったり移動することはありますが、安全のため、着席して案内をさせていただく場合もあり
   ますので、予めご了承願います。

 
         バスの車内事故防止に皆様のご理解とご協力をお願いします。